• Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

祈りを刻む切り絵師 押岡秀多

言霊を極める切り絵工房
森山歩(もりさんぽ)の世界

ようこそ。切り絵工房-森山歩-へ。
祈りの言魂を刻む切り絵師 押岡秀多です。

私は『祈り』をテーマに切り絵を制作しています。
この世の中が人々の幸せな笑顔と祈りで、満たされるようにと願いを込めて、絵を考えています。
人は、様々な場面で祈ることを常としています。
そして、祈りの言葉には、「言魂」が宿ります。
私はその言魂を五感で感じ取り、切り絵で表現することを生涯の使命だと思っています。
作品があなたの祈りの気持ちに共鳴し、見る度に「幸せの気づき」が得られるきっかけになれたなら私は幸せです。

●祈りの言魂を文字に込めて…
太古から日本人は、独特の自然観を持って生活をしていました。
その中で育まれた「祈りの言魂」を、私の感性で文字化して切り絵の中に同化させています。
一見すると、どこに文字があるのか、わからないかもしれません。
でも、言魂に共鳴した人には通じるようです。
注文制作の場合は、お客様のご要望に応じて、言葉を組み合わせることもあります。

●切り絵を作る紙について
通常は黒い紙で作ります。
黒い紙は光だけでなく、見る人の感情を吸収し、言魂を絵として際立たせます。
また、写真を用いて「どこかしこにも居る存在」を表現する作品もあります。
精霊や神仏をモチーフにしながら、祈りの言魂を込めて作ります。

●作品の発注やその他ご相談について
実物が見たい、店舗に飾ってみたい、展覧会がやりたいというご要望や、講習などのご要望があればお気軽にどうぞ。
詳しくはお問い合わせページより、ご相談ください。
お問い合わせはここをクリック

 

切り絵師の活動記録

怒りと慈愛

怒りと慈愛

画像の無断コピー禁止!Prohibition of unauthorized copying of images.