おめでとう

毎朝、日の出の数分間をぼぉっと眺めながら、今日はいくつの「おめでとう」が言えるだろうかと思う。

「おめでとう」と言われると、なんだかその時から何かが「はじまる」気がするのです。

そうか、「おめでとう」は、<はじまりの言魂>なのかもしれない。

Every morning, while watching the sunrise for a few minutes, but I think either would say the number of “OMEDETOU” today. 
Once referred to as “OMEDETOU”, something “begins” mind is to from that time somehow. 
Or so, “OMEDETOU” is, might be a <word soul beginning>.

※この記事をシェアする