思考思案

思考思案

老いた山猿のように…

老いた山猿が、静かに我が群れを眺めている。 群の行く末を案じながら仲間を見守っているのか? 若い猿たちを見ながら羨ましく懐かしんでいるのか? 野山を駆け巡っていた頃、今の自身の姿を想像していただろうか? 最期のひと息まで、与...
思考思案

劇団壱劇屋「猩獸」から得た描きたい人間像

私が小劇場で行われる演劇が好きになったきっかけは劇団壱劇屋の舞台。 劇団壱劇屋の舞台は、迫力満点の殺陣が十分すぎるぐらいに堪能できるのと同時にセリフのない物語でも泣かせてくれるという素晴らしいものです。 ちょうど一年ぐらい前の2019年...
制作日記

発想の源は樹魂が与えてくれる

森から聞こえるささやき声の正体は誰? 暗い樹林帯を一人で歩いていると、すぐ側ででささやき声が聞こえるような気がする時があります。空耳かな?気のせいだろうか?と最初はそう思っても、それが何度も起きるようになるとちょっと気になってきます。 ...
制作日記

切り絵が語る物語を重視して制作すること

絵とは劇舞台と同じ空間芸術でもある この人物の年齢は90歳。しかし幼い姿をしています。なぜ幼い姿のままなのか? それはこれからこの作品が完成に向かうにつれて、この人物を語る物語が明らかになってくるでしょう。 私は絵を描くときに必ず...
思考思案

神仏の姿を借りて人間を表現

私は神仏を切り絵で表現していると言ってるけど、本当は「神仏の姿を借りて人間を表現している」なんです。 仏様は密教の曼荼羅を見てもわかるように、実に多種多様な姿をした仏様がたくさん描かれています。阿弥陀如来や釈迦如来、観音菩薩など柔和な...
思考思案

母の行動が影を育み、創作に光を求めた私

私は父を14歳のときに亡くし、それから母の背を見て育ってきました。 私の性格は一般的には社交性があるとは言えないだろう。 簡単に言えば「人に興味があるが、人が苦手」。 この性格は社会生活を営んでいるうちに、多少は改善されたが未だに初対...
思考思案

私のアトリエはキャンプ場

私がはじめてキャンプをしたのは20代半ばごろだろうか。グラフィックデザイナーという昼夜を問わない労働環境から、息抜きにはじめたのがきっかけだったと思う。 今では仕事に欠かせない行為となり、仕事の現場でもあります。 始めた頃はアウトドアブ...
切り絵の技巧

切り絵の道具「ナイフの刃先を長持ちさせる方法」

切り絵の制作時には、紙を何で切りますか? 私が切り絵の制作には、デザインナイフと言う刃先を変えることができるナイフを使います。 作家によっては、切り絵専用の先の尖ったハサミや普通のカッターナイフを使う人もいます。 何で紙を切るかは...
思考思案

カラヴァッジョ展~黒が描く情感のドラマ~

大阪あべのハルカス美術館で行われている「カラヴァッジョ展」を観てきました。 カラヴァッジョは17世紀バロック絵画の創始者で、イタリアが誇る天才画家、ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571-1610)。 光と闇の交錯す...
思考思案

芸術家は「空気を読めない」人が向いている

私は社会に出てから気づいた自分の特長として「空気が読めない」ということがあります。 そのため「言いたいことを忖度なく言う」というところがあり、集団行動やグループで仲良く何かをするということが苦手です。 学生時代からどうしても人間性がはみ...
Translate »

画像の無断コピー禁止!Prohibition of unauthorized copying of images.

タイトルとURLをコピーしました