私の創作哲学

思考思案

約束事は守れば仏像造形の定義は自由

仏像は発祥から現代に至るまで、それぞれの姿がその時代に合わせて変化しています。 多くの日本人は、地蔵菩薩や阿弥陀如来、不動明王、観音菩薩と聞けば、なんとなくその姿を知っているはず。 仏像の姿は仏教が日本に伝わってからは、独自に変化してい...
制作日記

発想の源は樹魂が与えてくれる

森から聞こえるささやき声の正体は誰? 暗い樹林帯を一人で歩いていると、すぐ側ででささやき声が聞こえるような気がする時があります。空耳かな?気のせいだろうか?と最初はそう思っても、それが何度も起きるようになるとちょっと気になってきます。 ...
制作日記

切り絵が語る物語を重視して制作すること

絵とは劇舞台と同じ空間芸術でもある この人物の年齢は90歳。しかし幼い姿をしています。なぜ幼い姿のままなのか? それはこれからこの作品が完成に向かうにつれて、この人物を語る物語が明らかになってくるでしょう。 私は絵を描くときに必ず...
思考思案

神仏の姿を借りて人間を表現

私は神仏を切り絵で表現していると言ってるけど、本当は「神仏の姿を借りて人間を表現している」なんです。 仏様は密教の曼荼羅を見てもわかるように、実に多種多様な姿をした仏様がたくさん描かれています。阿弥陀如来や釈迦如来、観音菩薩など柔和な...
思考思案

母の行動が影を育み、創作に光を求めた私

私は父を14歳のときに亡くし、それから母の背を見て育ってきました。 私の性格は一般的には社交性があるとは言えないだろう。 簡単に言えば「人に興味があるが、人が苦手」。 この性格は社会生活を営んでいるうちに、多少は改善されたが未だに初対...
思考思案

私のアトリエはキャンプ場

私がはじめてキャンプをしたのは20代半ばごろだろうか。グラフィックデザイナーという昼夜を問わない労働環境から、息抜きにはじめたのがきっかけだったと思う。 今では仕事に欠かせない行為となり、仕事の現場でもあります。 始めた頃はアウトドアブ...
思考思案

芸術家は「空気を読めない」人が向いている

私は社会に出てから気づいた自分の特長として「空気が読めない」ということがあります。 そのため「言いたいことを忖度なく言う」というところがあり、集団行動やグループで仲良く何かをするということが苦手です。 学生時代からどうしても人間性がはみ...
切り絵の技巧

切り絵で自分の健康管理~切り絵の制作思考~

体調が悪いときは仕上がりも悪くなる 絵を描くことは自分の体調を知る上でもとても良い。完成した絵を見てどうも納得がいかない時というのは体調があまり優れないことが原因であることが よくあります。 私の場合は切り絵になりますが、絵...
切り絵の技巧

切り始める部分について~切り絵の制作思考~

どこから切り始めればいいのか? 切り絵の下絵が完成したら、それを黒い用紙にスプレーのりを軽くサッと吹き付けて貼り付けます。 これで紙を切る準備が整ったわけですが、さてどこから切り始めればいいと思いますか? 初心者の方は端から切...
思考思案

好きな絵を見つけたら画家のことを深掘りしたくなる

出会いは学びであり、創作の糧である 好きになる絵との出会いは、何がきっかけになるかわからなくらいに突然やってくる。 美術館で企画展を観に行ったときに、ふと立ち寄った常設展で偶然見つけてしまったり、街中の小さなギャラリーで見つけたり、...

画像の無断コピー禁止!Prohibition of unauthorized copying of images.