私の創作哲学

切り絵の技巧

上手な絵の描き方は、現実に見えているものに真面目に向き合わないこと

絵のトレーニングとしてデッサンがありますが、これは見えているものをできるだけ忠実に描きとることで、モノを見る観察眼を養い描きとるスキルを向上させることができます。絵画の基本の「き」を知るための行為だといえます。 しかしデッサンは準...
切り絵の技巧

切り絵はナイフで描くように切ると、切ったところが生き生きとした線になる

「絵を描く道具」といえば、筆やペン、鉛筆などを一般的には想像します。 それに限らず使う絵の具が変われば道具も変わります。 今ではパソコンで絵を描く時代ですが、それでも専用のペンタブレットを使います。これもペンの一種です。 ...
思考思案

芸術家は作ることの意味を考えすぎると自滅する

私は幼少の頃から欲しい物があると、どうやればそれが作れるのだろう?って考える癖があります。 それは親に「これを買って欲しい」と安易に言いにくい家庭環境にあったことが影響しているのかもしれない。 無ければ作る、欲しければ描く、そん...
思考思案

切り絵を贈りたい相手・受け取ってほしい相手~私の作品を必要とする誰かのために~

不特定多数の見えない人々に対して投稿を続けていると、単に自己顕示と承認欲求のためだけに自分が活動しているようなストレスに悩まされることになります。 一体、何のためにこんな投稿をしているのだろう? 誰のために投稿しているのだろう? 投稿し続けることに意味があるのだろうか? など、もやもやした気持ちが私を包みます。
思考思案

外にばかり目を向けないで自分を内観すると蓄積された個性が表現できるようになる

私は常日頃にわたって自分の画力向上のため、芸術のトレンドを逃さないようにと情報収集と研究に余念がありません。勉強熱心なのか?いやそうではありません。 実はこの行動は気をつけないと思わぬ落とし穴があるのです。
思考思案

TATTOOについて

古代文明の流れを引き継ぐ民族には、特有のTATTOO文化があります。 TATTOOの語源は、タヒチ語(ポリネシア語)で「叩く」を意味する「TA TAU-タタウ」から来たそうです。もともと「タタウ(トントン)と叩く音を表現した言葉で、入れ墨...
思考思案

約束事は守れば仏像造形の定義は自由

仏像は発祥から現代に至るまで、それぞれの姿がその時代に合わせて変化しています。 多くの日本人は、地蔵菩薩や阿弥陀如来、不動明王、観音菩薩と聞けば、なんとなくその姿を知っているはず。 仏像の姿は仏教が日本に伝わってからは、独自に変化してい...
制作日記

発想の源は樹魂が与えてくれる

森から聞こえるささやき声の正体は誰? 暗い樹林帯を一人で歩いていると、すぐ側ででささやき声が聞こえるような気がする時があります。空耳かな?気のせいだろうか?と最初はそう思っても、それが何度も起きるようになるとちょっと気になってきます。 ...
制作日記

切り絵が語る物語を重視して制作すること

絵とは劇舞台と同じ空間芸術でもある この人物の年齢は90歳。しかし幼い姿をしています。なぜ幼い姿のままなのか? それはこれからこの作品が完成に向かうにつれて、この人物を語る物語が明らかになってくるでしょう。 私は絵を描くときに必ず...
思考思案

神仏の姿を借りて人間を表現

私は神仏を切り絵で表現していると言ってるけど、本当は「神仏の姿を借りて人間を表現している」なんです。 仏様は密教の曼荼羅を見てもわかるように、実に多種多様な姿をした仏様がたくさん描かれています。阿弥陀如来や釈迦如来、観音菩薩など柔和な...
Translate »

画像の無断コピー禁止!Prohibition of unauthorized copying of images.

タイトルとURLをコピーしました