火焔不動明王
※画像クリックで拡大表示

不動明王は五大明王の一つで、大火炎の中に座し、剣と縄を持っている仏です。
密教の教義では、大日如来が、悪魔・煩悩の調伏のため、怒りの相を表したものとされています。

立ち止まっている人を応援する。叱咤激励する仏としての火焔不動明王

誰しも人生を歩んでいく中で、嘘をついたり、人として間違った行動をとってしまったりと、何かしらの過ちを繰り返しながら成長をしていきます。
ただその犯してしまった過ちに引きずられて後悔に苛まれてしまっては、とても不幸な人生を歩んでいくことになります。
不動明王は間違いを犯した己自身を叱咤する仏でもあると同時に、熱い火焔で激励する仏でもあると考えています。
だから、これからの人生、今から歩み始める人の背中を押す激励の仏として、不動明王の作品を作ってみようと思いました。

デザイン的には、火焔は荒々しく燃え立つようにして、不動明王の体は逆に優美で華やかな雰囲気にしました。

火焔不動明王

火焔不動明王

目は3つあります。おでこの目は嘘や甘えを許さず、心を見透かします。

火焔不動明王

炎が激しい反面、体は優美な文様をデザインしました。仏の優しさが肌に現れています。

火焔不動明王

火焔不動明王

火焔不動明王

切り絵はアクリル板に挟み込み、金色に彩色した木のボードに固定しています。裏は紐を通して壁面に飾れるようになっています。

火焔不動明王

火焔不動明王

 

 

<関連記事>

※この記事をシェアする