moriyama02

角度や光によって印象が変わるのが、切り絵の魅力の一つであり、楽しみです。
完成した切り絵を正面から眺めると、鋭利な刃で切り取られた緊張感のある画面の迫力が伝わります。

また、懐中電灯やスマートフォンのライトで切り絵を壁に投影すると、優しく情感のある絵が浮かび上がってくる。
電灯のゆらぎに合わせて、影に濃淡がつき、ゆらゆらと動いてまるで生き物のように思えてきます。

投影された影に何がどのように見るのか?
それは見る人の心も投影しているから、きっと影が何かを語りかけてきてくれるだろう。

Cutout and shadow.
The change is impressive by the angle and light, is one of the charm of the cutout, it is fun.
When look at the finished cut picture from the front, propagated a powerful screen with a truncated tension with a sharp blade.

Also, when you project the cut picture on the wall in the flashlight and smartphones of light, emerges a picture with gentle emotion.
To match the fluctuations of the electric light, shadow shade is attached, you have seemed like a creature moving To wobbling.

What to watch how the projected shadow?
Because it has been projected and soul of the viewer, will us have shadows surely speaks something.

<関連記事>

※この記事をシェアする