画家は公募展、グループ展に参加したほうが伸びる

切り博展示

大阪市のSAMURAI Gallery Regalia -レガリア-で開催中の切り絵博覧会「切り博」が、とても賑わっています。
観覧者の驚嘆の声を聞くたびに、現代の切り絵の世界もまだまだ知られていないのだなと思いました。
多くの画家たちが自分の作品を展示するのに、個展を開いたり、今回のような公募展に出展したりしています。

画家がギャラリーで展示する意味

私はこのような形で自分の作品が、他の画家と並んでギャラリーに展示されることは、自分の作品をより客観視できるのでとても良い機会だなと思います。
中には他の画家たちと比べられるから、個展が良いという人もいるかも知れない。
きちんと自分の作品を客観視できるならいいですけど、私の場合は作品にのめり込んでしまうタイプなので、客観視できるようになるには少々時間を置かないといけない。

しかし、ギャラリーに展示されると否応なく現実を直視しなければならないわけで、これが刺激になるし、次の自分の作品へのモチベーションが上がるわけです。
観覧者の生の声を聞けるっていうのも、醍醐味の一つです。

画像の無断コピー禁止!Prohibition of unauthorized copying of images.