藁園神社(わらそのじんじゃ)(滋賀県高島市)〜神様になった大ナマズ〜

藁園神社(わらそのじんじゃ)(滋賀県高島市)〜神様になった大ナマズ〜
訪れたときは茅の輪くぐりの時期でした
お願い事を石に書いて奉納していました。石が丸くなっているから、川の石でしょうか。

境内に置かれたびわこ大鯰(ナマズ)の石像が印象的な神社。
なぜナマズが祀られているのか?といえば、こんな伝説があります。

なまず

正元元年(1259)、地震をともなう大雨が続き洪水となり、社殿が浸水した時に大鯰が現れ神主が退治したところ、たちまち雨がやんで晴れてきた。

また、生保三年(1646)、降雨が少なく農作物に害虫が異常発生したため、困って害虫駆除の祈願をしたところ鯰が現れ害虫を食い尽くしてくれた・・・ということから藁園村の人々は防災のお守りとしてナマズを祀るようになったのだとか。

ナマズ

私は「藁園」という名称に心を惹かれるのですが、由来を調べても出てこない。藁を使った産業がさかんだったのか? 地域で一番稲作が広範囲に行われていたのか? などと勝手に想像をしてしまいます。

●藁園神社の概要

所在地 滋賀県高島市新旭町藁園2060
主祭神 素盞嗚命
創建 応永4年(1397年)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアをお願いします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

切り絵に関することや記事についてコメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる