祈りの言魂を刻む森山歩切り絵工房。
はじめまして,、切り絵画家の押岡秀多です。
私はグラフィックデザインという仕事の経験が長く、アーティストというよりはアルチザンに近いかもしれません。
つまり自分のために作りながらも、人のため、社会の幸せのために作ることに重きをおいています。
ここでは簡単に自己紹介をさせていただきます。

切り絵画家のプロフィール

祈りの言魂を刻む森山歩切り絵工房(モリサンポキリエコウボウ)
切り絵画家/秀多(ヒデカズ)
本名/押岡秀多

1964年の日本高度成長期に誕生。
幼い頃より京都山科の豊かな自然と、歴史に刻まれた古都の史跡を遊び場として、日本的な感性を磨く。
モノを買い与えられるより「自分で作れるモノは作る」という家庭環境だったため、工作や絵を描いたり、物語を創作したりすることが趣味になる。

幼稚園児の時、絵本「八郎」に出会い、そのスケールのある迫力ある絵に衝撃を受ける。

18歳の時、教師の勧めで京仏師の松本明慶先生の工房に入門。
約4年間、「ものづくりの姿勢」や「プロの職人の仕事観」「日本人の宗教観」をはじめ、人生観を全身に叩き込まれる。
その姿勢は現在でも変わらず。

23歳よりグラフィックデザイナーの道を歩む。
京都インターアクト美術専門学校に入学し、独学で切り絵と木版画を極める。
専門学校を卒業後、大阪のデザイン制作会社「North-Hill」に就職。
以後、約16年間にわたって広告や情報誌、WEBサイトの企画から制作までクリエイティブディレクター兼取締役として従事し、多くの企業の販促物を社会に送り出す。

2010年頃より制作会社を退職し、個性を際立たせるビジョンブランディングを担う「パワーストオリィ」を設立。
様々な職業の経営者の悩みをヒアリングを通して、これまで培ったマーケティングと個性心理学を駆使して、クライアントが潜在意識に持つ「言魂」を導き出しビジョンストーリーを提供するサービスをはじめる。

2014年に知り合った方々の勧めで、これまで封印していたアート活動を再開する。
これまでパワーストオリィで培った言魂に対するスキルやNLPの資質をさらに高め、ビジョンストーリーを詩文化して心象風景と組み合わせた切り絵のスタイルを独自に考案。
「森山歩切り絵工房」として、事業主や個人向けにメッセージを込めた切り絵を制作販売し、好評を得る。

2017年には芸術活動への見聞を広げて、独自の見解に基づいた神仏像を切り絵で表現をすることに意欲を燃やす。

<過去の展覧会参加記録>

◎2015年11月2日~11月30日
びびび-美日々 茨木 2015- 作品展示
主催/一般社団法人感性ビジネス研究会
場所/大阪府茨木市本町センター

◎2017年11月3日~11月5日
和展 其ノ漆 作品展示
場所/神奈川県鎌倉市 Gallery 結
主催/アートプロデューサー 色

<メディア掲載>

◎2015年4月1日
関西ビジネスサテライト 取材記事と作品掲載

◎2018年7月25日
ART BOOK OF SELECTED ILLUSTRATION
Energy エナジー
  作品掲載

秀多の切り絵制作への思い

森山歩(切り絵画家)

はじめまして。切り絵画家の秀多です。
私と切り絵の出会いは、絵本「八郎」です。滝平二郎さんの描く迫力のある構図と、情感あふれる表情に幼い頃から現在に至るまで魅了され続けています。
いつか私も巨樹のような大男を主人公にした物語を、切り絵で綴りたいと思っています。

そのためには、今よりももっと感性と技術を磨き、精進して作品を作り続けなければなりません。

私は、空に浮かぶ雲や木々を揺らす風、大地を潤す水など、この世の森羅万象を造形的にとらえて、それを紙に彫り刻みます。
それらの風景は、もともと日本人が遺伝子レベルで細胞に刻まれた記憶と共鳴するものと考えています。
「言魂」も、古代から伝承されてきた人間の感性が表現されたものとして考え、その言葉や文字が持つ意味や成り立ちを広く深く掘り下げてイメージして詩文にします。
すべての言葉は、自然が人にもたらした言葉の造形、その意味を感じながら紙に彫り刻みます。

私の作品をご覧いただいた方は、「私の欲しかった言葉を見つけました」と感激してくれることがよくあります。作品を通じて、何かを感じ取っていただくことで幸せのひとつを得られたなら、こんな幸せなことはございません。

作品は一点ものであり、この世に100%同じものは存在しません。だからたった一人の方のために、今日も紙を彫り刻んでいます。

実物が見たいという方、展示したいという方、オーダーメイドしたいという方、お気軽にご相談ください。また、グループ作品展など一緒に組んで作品展をやってみたいというアーティストの方もお気軽にお声がけください。

祈りの言魂を刻む切り絵画家 秀多が挑むこと

私は『祈り』をテーマに切り絵を制作しています。
この世の中が人々の幸せな笑顔と祈りで、満たされるようにと願いを込めて、絵を考えています。
人は、様々な場面で祈ることを常としています。
そして、祈りの言葉には、「言魂」が宿ります。
私はその言魂を五感で感じ取り、切り絵で表現することを生涯の使命だと思っています。
作品があなたの祈りの気持ちに共鳴し、見る度に「幸せの気づき」が得られるきっかけになれたなら私は幸せです。

●祈りの言魂を文字に込めて…
太古から日本人は、独特の自然観を持って生活をしていました。
その中で育まれた「祈りの言魂」を、私の感性で文字化して切り絵の中に同化させています。
一見すると、どこに文字があるのか、わからないかもしれません。
でも、言魂に共鳴した人には通じるようです。
注文制作の場合は、お客様のご要望に応じて、言葉を組み合わせることもあります。

●切り絵を作る紙について
通常は黒い紙で作ります。
黒い紙は光だけでなく、見る人の感情を吸収し、言魂を絵として際立たせます。
また、写真を用いて「どこかしこにも居る存在」を表現する作品もあります。
精霊や神仏をモチーフにしながら、祈りの言魂を込めて作ります。

●作品の発注やその他ご相談について
実物が見たい、店舗に飾ってみたい、展覧会がやりたいというご要望や、講習などのご要望があればお気軽にどうぞ。
詳しくはお問い合わせページより、ご相談ください。
お問い合わせはここをクリック

 

※この記事をシェアする